人生初の絶頂を迎えた熟女が放った喘ぎ身体がぁ熱いっ11枚

熟女

性とは無縁だった42歳の熟女が初めて遭遇するリアルな快感への反応。静・42歳。身長166.5cm・体重50.5kg・血液型B型・B84(B)・W60・H91。昭和の奥手なお嬢様が言いそうな事をマジで口にした。「結婚式の純白ドレスは、真っさらな状態でお嫁に行く時に着るもの」と24歳までこの人がと思える人が現れるまで処女を通した。当然それまで性に対して関心等更々無く、18歳の時に友達の家で見つけたH本、初めて男と女の行為を知った時吐いてしまった程、性の免疫が無い。オナニーはした事は?に「しませんしません今でもしません」と答えるだけでなくオナニーのやり方すら分からないと言う。ローターやバイブを見るのも今日が初めて「これを感じる場所に当てればいいんですか?」と言う始末で当然イッタ事も無く、イクと言う事がどのような物か知らない。ならば、と彼女の潜在的な性欲や感度に初体験の大人のおもちゃをと性感チェックを始める。今だ2人にしか触れられていない身体はまだまだ目覚めていない部分があるのではと左の肩甲骨あたりを優しく触れるとピクリと反応、本人も驚きの性感帯だ、そんな新たな発見に驚きながらも徐々に安心感を覚え身を任せて行く。濡れにくくて大変と言っていたアソコは難なく指を受け入れ、ローターでクリの同時責めに「ア~ん」頭の上のシーツを掴もうと身体をのけぞらせ両手をあげる、すると彼女の脇にはうっすらと未処理の薄いさらさらした毛がはえていた。42歳の女が未体験の快感を受け止める顔は地味。背中、ハケ、ローター、電マと経験した事の無い刺激に発した喘ぎが「あんっ、痺れちゃう」「もっと優しくして」と少女の様なフレーズと熟女のギャップが生々しい。絶頂を迎えると身体を硬直させ頸動脈を膨らませ「熱い、身体がぁ熱いっ」と昭和ポルノの様なフレーズを発し震えて果てた。ローター、電マの使い方を覚えたところで人生初のオナニーを、2アングルで。初めてなので、普通パンティの上から指で摩る、オッパイを揉む、触れる事を知らないのでイキナリ、ローターをパンティの横からクリに、その後電マはパンティを降ろし、上下に擦ってクリを刺激する、イク感覚も知った様だ。(記事下部にサンプル動画有り)


















人生初の絶頂を迎えた熟女が放った喘ぎ身体がぁ熱いっ11枚